おせち料理は歴史が古く、話は平安時代にまで遡ります。

 

平安時代の中でも貴族の階級の方達の中では、1月1日のお正月、3月3日の桃の節句、5月5日の端午の節句と言った五節供には神前に料理をお供物として供え、悪魔払いや邪気払いをしていたと言われています。この時にお供えしていた料理を「お節供」(おせちく)と呼ばれていた為に、今は「おせち」と呼ぶ起源になっている様です。

 

おせちが作られた当初の頃は、貴族社会で浸透していた為に庶民に取っては高嶺の花と言う様な存在だったそうです。おせちの原形が作られたのは平安時代の後、江戸時代の後期に入ってからだと言われています。
庶民の暮らしも昔に比べるとかなり豊かになってきていた様で、この頃から食文化も発達する様になりました。

 

この頃から、新年にはその年1年の豊作をお祈りして料理を頂いていた様で、山の幸、海の幸、お肉、野菜等豪華な物へと変貌していったと言う事です。また、今ではおせちの定番的メニューと言える黒豆、数の子もこの頃から入る様になったそうです。

 

また、武士の家でお祝い事の時に食べられていた料理、祝い膳と言う要素もおせちには入っていたと良い、めでたさを重ねると言う意味で重箱を使う様になったそうです。ですから、おせち料理も重箱も縁起物と言う事になるのです。

 

こう考えてみると、おせち料理は民族や人々のレベルなど関係なく、全ての物が混ざり合って生まれた伝統的な料理なのです。

おせち料理の歴史関連ページ

おせち料理の意味
おせち料理を作る意味
お雑煮について
相場価格について
おせち料理の相場価格について紹介しています。口コミ人気ランキング!人気のあるおせちですので、売り切れる前にチェックすることをおススメします。
おせちはいつ食べる?
おせち料理はいつ食べるものか?について紹介しています。口コミ人気ランキング!人気のあるおせちですので、売り切れる前にチェックすることをおススメします。
三の重|意味とウンチク
おせち料理の三の重について紹介しています。口コミ人気ランキング!人気のあるおせちですので、売り切れる前にチェックすることをおススメします。
おせち料理は喪中でも食べてよいもの?!
おせち料理は喪中でも食べてよいもの?!について紹介しています。口コミ人気ランキング!人気のあるおせちですので、売り切れる前にチェックすることをおススメします。